銀行カードローンの特徴とメリット

キャッシングには消費者金融と銀行カードローンがある

古代ローマの兜カードローンとは、金融機関により発行されたカードを利用して、借り入れを行うローンのことです。
借り入れはATMを利用するなどして行います。
今では多くの銀行がカードローンによる貸し付けを行っており、数万円から数百万円までの借り入れが可能です。
中には1,000万円まで借り入れ可能な銀行カードローンもあります。
この貸出金額の大きさが消費者金融でのキャッシングとの違いです。

消費者金融と銀行カードローンの違い

個人向けのカードローンの多くは無担保融資で、その用途は原則自由です。
通常、借入限度額が大きくなるほど金利は下がります。
銀行カードローンは金利が消費者金融などの賃貸業者よりも低いというのがそのメリットの一つです。
さらに、貸金業者のローンの場合は総量規制があり、年収の3分の1を超える借り入れはできませんが、銀行カードローンはその規制の対象外なので借りやすいという点も挙げられます。

返済方法は基本的に消費者金融と同じ

そして、借り入れを行った場合、借入額に応じて毎月一定額を返済していくことになります。
返済方法としては、ATMの利用、口座からの引き落とし、指定口座への振り込みなどがあります。
また、お金に余裕がある時には上乗せして随時返済することの可能なカードローンもあります。

銀行カードローンの審査は消費者金融よりも厳しい

このようなカードローンを利用するためには、銀行や保証会社による所定の審査をパスしなければなりません。
そして通常は、審査のために必要な書類として、所得証明書(収入証明書)の提出が求められます。
これは前年の1年間に得た所得額を証明するための書類のことで、給与所得者が年末年始に受け取る源泉徴収票や、自営業者が税務署に提出する確定申告書の控えなどがこれに相当します。
とはいえ、借入限度額が一定額(多くは300万円程度)を超えなければ、所得証明書の提出を不要としているカードローンも少なくありません。